マカエンペラーに含まれているクラチャイダムについて

マカエンペラーに含まれている成分について」でも紹介していましたが、マカエンペラーに含まれている素材の1つにクラチャイダムというのがあります。

 

最近このクラチャイダムの効果について色々な発見があり、特に精力向上効果についてはマカよりも上だと言っている人も増えてきました。

 

では、具体的にクラチャイダムがどのようなもので、どんなところが優れているのでしょうか?

そもそもクラチャイダムって何?

クラチャイダムとは、タイ発祥の天然ハーブのことで、現地では昔から男性の精力増強や滋養強壮効果があるとして愛用されてきました。

 

つまり、昔からクラチャイダムは精力アップの効果が立証されていたのです。

 

実はクラチャイダムは、色々な別名があり

 

  • 黒生姜
  • 黒ウコン
  • ブラックジンジャー

 

などとも呼ばれています。

 

また、タイ発祥のハーブではあるものの、沖縄県でも生産されているため、もしかするとクラチャイダムと知らずにすでに滋養強壮などで使っている人もいるかもしれませんね。

 

クラチャイダムにはアルギニンや抗酸化成分(フラボノイド)が多く含まれています。

 

特にアルギニンは、シトルリンとともに一酸化窒素を産生する際にも必要な成分と言われており、これが男性の精力アップに効果を発揮します。

 

しかもアルギニンが含まれている量はマカの2倍以上。

 

そのため、最近の精力サプリメントではマカよりもクラチャイダムを主に作られているものも増えてきました。

 

クラチャイダムを飲むことによって得られる効果

マカエンペラーも、「マカ」とついてはいるもののクラチャイダムを使用しています。

 

その理由は、クラチャイダムに含まれている成分によって、精力アップやアンチエイジング効果などが期待できるからです。

 

クラチャイダムが及ぼす人への影響については、実際に臨床実験が行われています。

 

それによれば

 

  • 性機能向上および勃起不全改善効果
  • アンチエイジング効果
  • 冷え性や浮腫み改善効果
  • 抗メタボリック効果

 

などがあります。

 

もちろん、そもそもの原材料は天然ハーブであり、昔から使われてきたものですから、副作用を恐れる心配はありませんし、臨床実験でも副作用による悪影響は報告されていません。

 

ただし、人によっては何かしらの悪影響が出る可能性はありますし、いかにクラチャイダム自体が安全なものであったとしても、過剰に摂取するのは危険ですから、使う際は用法・用量を守って使うようにしましょう。

 

クラチャイダムのデメリット

天然素材でありながら、昔から精力をアップさせるために使われてきたクラチャイダムですが、欠点がないわけではありません。

 

まず大きな欠点の1つはクラチャイダムを飲んだからと言ってすぐに効果を実感できないこと。

 

これはマカエンペラーをはじめとした精力サプリメント全般に言えることですが、あくまでも継続的に飲むことによって徐々に効果が実感できるものであり、飲んだ数日後にいきなり勃起不全が解消された!なんてことはありません。

 

つまり即効性はないのです。

 

また、初期の勃起不全であればクラチャイダムを飲んで改善することはできますが、EDの進行が進んでいる場合は、クラチャイダムを飲んでも効果が実感できない場合があります。

 

そのため、勃起不全の改善目的で飲んで効果が実感できないのであれば、一度お医者さんに行ってきちんと診察してもらったほうがいいでしょう。

 

デメリットを挙げるとしたらそのくらいで、あとは「口に合わない」といった味覚の問題かなぁ・・・と。

 

少なくとも、アレルギーを持っていたりしなければ、副作用などを気にせず試することができますので、興味があればしばらく飲んでみて効果を検証してみてください。

 

 

 

≫マカエンペラーの具体的な効果や評判はこちらをクリック